注目キーワード
  1. Radeon

AMDがRadeon RX 6900 XT, RX 6800 XT & RX 6800 RDNA 2 グラボのベンチマーク情報をさらに公開

  • 2020-11-14
  • PC
  • 16view
PC AMDがRadeon RX 6900 XT, RX 6800 XT & RX 6800 RDNA 2 グラボのベンチマーク情報をさらに公開

AMDがRX6000シリーズの4K/1440pでのゲーミングパフォーマンスに関するデータを公開した。今回のベンチマークではRDNA2のRX6900XT, RX6800XT, RX6800に加えて、ライバルのNVDIA Geforce RTX3090, RTX3080, RTX2080Tiを全部10タイトルで計測した。

AMDに有利な環境

AMDからの計測ですので、当然ですがある程度RDNA2に有利な条件が設定されている。例えばCPUはRyzen5900X、マザーボードはX570を採用することで、AMD Smart Access Memoryを有効にしてる。

AMD Smart Access Memory

「AMD Smart Access Memory」はRDNA2から提供し始めたAMDの新しい技術です。
簡単に言うと、RNDA2のGPUと同じくAMD製のRyzen5000シリーズCPUを搭載したPCでは、CPUから直接GPUのVRAMにアクセスできるようになり(PS5,Xbox Oneなどと同じ)、コンソール機に近い最適化がPCで実現するものです。
この機能によりRDNA2グラボのパフォーマンスが5%~11%向上しているとのデータがある。

では、計測のデータを見てみましょう。

結論から言うと、RX6900XTはRTX3090よりもいいパフォーマンスを出すケースがあり、RX6800XTはRTX3090に近く、RX6800はRTX2080Tiを圧倒するという結果になっている。

ベンチマーク結果

すべてのベンチマークはX570マザーボード、Ryzen 9 5900X 12コア24スレッドCPU、16GB DDR4-3200MHzメモリを搭載するPCで行っていた。
ベンチマーク用のGPUはすべて最新のドライバーを適用しています。

4K(3840×2160)

4K解像度のベンチマークではRX6900XTがちょうど半分の5タイトルでRTX3090に勝っている。さらに値段が半分以下のRX6800XTも5タイトルでRTX3090よりいい結果を出しているのがちょっと意外だ。


前述のとおり、「AMD Smart Access Memory」を有効にしたというAMDに有利な状況ですのが、それでも結構うれしい結果だと思う。全開RadeonがGeforceに勝つのは2012年のHD7970時代だったので、8年ぶり。

さらにRX6800XTが6タイトルでRTX3080に勝かち、RX6800は当然ですが、すべてのベンチマークでRTX2080Tiを圧勝する。

Graphics CardGeForce RTX 2080 TiRadeon RX 6800GeForce RTX 3080Radeon RX 6800 XTGeForce RTX 3090Radeon RX 6900 XT
Battlefield V (Ultra DX11)79.898.1101.3113.1110.7120.5
Borderlands 3 (Badass DX12)43.555.258.266.266.072.5
COD:MW (Ultra DX12)64.377.383.990.994.6100.2
Division 2 (Ultra DX12)61.762.481.674.586.379.8
Doom Eternal (Ultra Nightmare Vulkan)103.2117.9139.3138.4151.6150.1
Forza Horizon 4 (Ultra DX12)109.4131.8133.6153.1147.1167.3
Gears 5 (Ultra DX12)58.970.376.582.681.989.7
Resident Evil 3 (Ultra DX12)89.1101.3120.4117.3132.3127.5
Shadow of The Tomb Raider (Highest No AA DX12)67.875.688.188.095.994.8
Wolfenstein Youngblood (Mein Leben Vulkan)121.9123.3146.3148.6164.9157.5

WQHD(2560×1440)

WQHD(1440p)解像度でもほぼ同様な結果になっている。

Graphics CardGeForce RTX 2080 TiRadeon RX 6800GeForce RTX 3080Radeon RX 6800 XTGeForce RTX 3090Radeon RX 6900 XT
Battlefield V (Ultra DX11)138.7184169.2199.8180201.8
Borderlands 3 (Badass DX12)76.799.499.9119.8113.5130.0
COD:MW (Ultra DX12)107.3125.1134.9146.7148.4161.1
Division 2 (Ultra DX12)109.2117.7144.6138.4147.0148.0
Doom Eternal (Ultra Nightmare Vulkan)165.9179.6212216.4229.2229.6
Forza Horizon 4 (Ultra DX12)150.6203.5182230.9190.9236.6
Gears 5 (Ultra DX12)100126.7126.8142.8131.1145
Resident Evil 3 (Ultra DX12)169.4201.4221.7229.6242.9248.6
Shadow of The Tomb Raider (Highest No AA DX12)123.4130.0152.2154.5161.2165.0
Wolfenstein Youngblood (Mein Leben Vulkan)121.9123.3146.3148.6164.9157.5

まとめ

NVIDIAのGPUはIntelプラットフォームならもっといい結果を出せるとの噂もあるので、Intelプラットフォームでのベンチマーク結果が気になる。
ただし、最近のRyzen5000シリーズのゲームパフォーマンスもCPUもIntelを上回っているので、次のPCを「AMDセット」にしたほうがいいでしょう。
また、RDNA2には「Rageモード」という自動的にGPUの最大限のパフォーマンスを発揮する自動オーバークロック機能を搭載しているので、冷却と電源供給を強化したカスタムAIBモデルならもっと性能を引き出せるかもしれない。

AMDがRadeon RX 6900 XT, RX 6800 XT & RX 6800 RDNA 2 グラボのベンチマーク情報をさらに公開
最新情報をチェックしよう!